世の中についての最近のブログ記事

年も明け、業況指数など色々と発表されています。

経営の実感としては昨年後半の洒落にならない状況から幾分マシになってきている感はありますが
相変わらず「様子見」の雰囲気が大勢を占めているのも確かです。

世界を見れば、日本だけが取り残された感のあるデフレ景気。

新聞、ネット、テレビなども「不況の二番底が来るかも?」と言う論調です。


確かにその判断自体は間違っていないかも知れませんが、日本人は必要以上に周りの意見に
耳を傾ける人種だと思っています。

その分、マスコミ報道で出費を控えたりする傾向は非常に強いのです。

何も東スポまでとは言いませんが、チョットは景気良い話しを報道して欲しいもんです。


ドンドン投資している企業が増えてきた!

それだけで吊られて投資する会社もあるハズです。(それでも慎重も日本人の美徳の一つだけど)


デフレは一消費者としては一時は良い事です。

錦糸町駅周辺の居酒屋は「全品270円」が幅を広げています。

4名で呑んでも1万円いかない時もあります。尚且つ競合激化で「ドリンク無料券」を入口辺りで
配っている状況も・・・・・。


でもこれじゃあ、企業はもうからない。だから給与下がる&リストラされる。

実際270円居酒屋では「ザブトン」が消えました。

クリーニング代の節約でしょうけど・・・・。後は回転率か・・・。お尻痛くて2h以上居る気がしませんし。


でもこんな事をやってたら誰も幸せになりません。


マスコミさん!デフレや不景気などの論調を3ケ月ぐらいだけでも良いですから控えてみませんか?


きっと、雰囲気も良くなると思いますよ!!!


あっと、同業者の方々も安売り合戦はそろそろ辞めませんか・・・。

お互いの首を絞めあっているだけです。技術力で勝負しましょうよ!!!
珍しく政治ネタでも・・・・。


まあ毎日思っているのですが、政権交代(まあ私も投票しましたが)したのは良いけど正直悪くなって
いるのが現実ですね。

私は昔中堅会社の役員をしていたのですが、政治も経営も似たようなものだなあと思います。

伸びる会社の経営者はある意味チョット変な人が多いです。
正直何を考えているか判らない。でも強烈なビジョンを提示し、推進する。

ここで細かい事まで言い出す人は余り伸びません。

その直下の人が詳細をブレークダウンし、その意見を強固に推進させるのが伸びる会社の経営者
です。(まあ直下の人は大変ですけどね)

今の政権も、衣替えはしたけれど結果的には元政権と同じで、リーダが居ないのでしょうね。

直近の事ばかりみていて、先を見ていない。まあ見えないのでしょうが・・・(至って普通ですけど)

成長戦略ではなく、維持衰退戦略であればそれも良いのでしょう。
でもそんな事を投票した人は臨んだわけでは無いはずなんですが・・・。


どうして、若手に譲り後を任せる事が出来ないんでしょうか?
どうして若手を育成しないのでしょうか?

企業にも同じ事が言えます。途中までは育成するのですが、成長してくると自分の脅威と感じる
人が多いのです。

「自分が居なくても会社がうまくいく」
「自分はもう要らないのか」  などなど・・・。

正直もう十分でしょう。昔の成長スピードしか体感した事が無い人は、今のスピード感は理解出来ないんです。早過ぎるので動きが見えなくなっているんです。
(まあ私も同じ様なもんです)


意欲があり、今のスピード感を持っている人にバトンを渡して、悠々自適に過ごして欲しいもんです。

引き際をかっこよくした方が信頼も集めるのに・・・・・。

決断を期待したいもんです。このままでは日本で商売をするのがイヤになってしまいます。

あっ・・・。言い忘れたけど「連立」はもっと意味判らないですから早々に辞めてね。
連立にも引退した方が良い古いスピード感しか保持していない人が居るので・・・・。