相談例の最近のブログ記事

以前ご相談頂いた会社様。

新規で工場の生産管理システム(この場合は原価管理が主でしたが)を導入されようとしていた

お客様がありました。

ご相談を受けた時には既に「デモ」「提案書」「見積」などすべての工程が終了しており、責任者の

方は既に導入する事を想定されておりました。

で何で相談と言う事なのですが、その時は比較用の見積が欲しいと言う事。

要は稟議を通すのに複数の見積が無いと通り辛いからという訳で・・・。


まあ見積を作るのは構わない(とは言っても時間は掛るので本当は対価が欲しい所ですがね)

のですが、内容も聞かないでは作れ無いのでお客様の所に行ったのですが・・・・・。


まあ微妙な感じで・・・・・・。


提案自体は悪くは無く、まあまあ業務にもあっているのですがどうにも導入後の費用の提示が

怪しい・・・・・・。

今までの経験では導入後に後悔するパターンです。


その時は良かれと思いご意見させて頂いたのですが、心が決まっている方には中々ご理解も

頂けず・・・・・・・。後ろ髪を引かれる思いで帰路についたのです。


でも長年の経験は間違っていなかった様で導入後にトラブル(ご不満)があった様でご連絡が・・・。

一応、お伺いしますが正直入れちゃった後は難しいのです。

既にリースは始ってるし・・・。


正直、あの時もう少し聞きいれて頂ければ対応も変わっていたのに・・・・・。


リース販売は怖いのです。リースは3者間契約なので業者はリース締結後、全額が入金される

のです。お客様は5年リース(この場合は60回払い)で毎月支払っているので毎月払ってるじゃあ

ないかと思われるかも知れませんが、業者は全額入った後は何の入金もありません。


導入前は色々しますよ!と言っていたとしても売上もたたない後工程で何かしてくれる訳無いじゃ

ないですか・・・・。だから導入前に契約としてキチンと取り決めしなければならないのです。


チョット立場を変えて考えて頂ければ判るハズなんですが・・・・・。

大手だから・・・・大丈夫?

大手は実際何もしていないのです。下請け孫請けがやっているのですから・・・。


その辺り、くれぐれもお気をつけて下さいね!

多分対した力にはなれないだろうなあ・・・。
ご相談のお客様から・・・。

現在、原価管理と販売管理系のシステムを入れているが、詳しい社員もいない状態で使用中。

導入してから早5年以上経過していて、ハード故障がボチボチ散見される様になっているとの事。


ベンダーから入替提案があったのだが、クラウドシステムで提案があったみたいです。

今後、自社内で事情が無い限りサーバを持つ必要性は感じないのでクラウドの提案自体は

良いと思うのですが・・・・・。中身が?????


現在使用中のソフトは既に無くなっているみたいで、まったく違うソフトの提案だったみたいです。

無いものはしょうが無い部分もあるのですが、現在の使用状況や不満、改善などをヒアリングして

提案するのが普通なのですが・・・・・。


提案は、「当社で扱っているソフトはこれなので、入替ましょう!安くなりますし・・・・」

「サーバもソフトもすべて外部ですからアウトソーシングでコスト低減出来ますよ」

みたいな提案だった様です。そもそも言ってる事がオカシイし・・・アウトソーシングの意味判って

んのかなあ???

詳細を聞く前に他ベンダーを呼ぶ様にご意見させて頂きました。



ハードは百歩譲ったとしてもソフトの中身は重要です。

それすら気にしないで提案してくるベンダーは頭がおかしいです。


そんな誠意の無い所と交渉するだけ無駄です。


これからも最善のシステム導入が出来る様にサポートさせて頂きます。


あーっ、社名を言いたい!!!

システム入替!

| コメント(0) | トラックバック(0)
あるお客様からのご相談がありました。

5年以上使用していた販売管理系システムの入替提案が業者からあった様です。

このお客様はその業者にすべて任せきりしていた様で社内に業者の言っている裏側を判断出来る

方があまりいなかった様でご相談を頂戴しました。
(当サイトの主目的ですから大歓迎です)

今回のケースとしては付き合いの古い業者では良くあるパターンでした。

お客様の内情(導入時点から時間も経過しているので今の現状など)を営業マンがまったく

把握しないでお客様の業種だけを見て、入替提案見積を出していました。

しかも2種類・・・。

一つは現状使用ソフトのバージョンUP!

もう一つは業者の主力ソフトへの入替!


お客様の内情には目を向けずに提案だけする・・・・・。

正直二流の営業マンのする事です。しかも先に見積を提示してデモなどは後日って・・・。


価格だけですか???

しかもこれがまた馬鹿高い!!!

ソフトの値段はまだしも・・・設定料などか・・・殆どボッタクリバーです。


例としてパソコン設置料・・・・・・・1台辺り¥20,000.?!!!

ソフトなどの設定料では無いですよ!設置料です。要は箱から開けて配線繋いで電源ON!

あっ、動きましたね!  の事です。ああっダンボールは片付けるか・・・。

時間にして掛っても15分程度!!!時給8万円ですか???

まあ凄く遠方のお客様で1台だけを実施するなら理解出来ますが・・・・。このお客様は複数台だし

サーバやらソフト設定料だはで別々に取られているのですから・・・・

これは暴利です。


ソフト選定にしても、仮にも提案する側(業者)はプロのハズです。

2つのソフトデモして「さあ!どっちにします?」ってのは提案じゃあ無いだろう!!!

殆ど電気屋さんです。高い金取ってする事ではありません。


色々な業者が居ます。

でも仮にもプロなのですから、もう少しお客様の立場に立った提案なり活動なりして欲しいものです。


営業さんなので「ノルマ」があるのは判りますけどね・・・。


今回は価格交渉だけで無く、ソフト選定などでも精一杯助言させて頂きます。


残念なのはその業者・・・・10年以上前に私在籍していたんだよなあ・・・・。はぁ!
シェアナレッジへのご相談に関しては、普段使用しているメーラーとは別なメーラーを使用して
いました。

ここ最近、色々と忙しくメーラーを立ち上げる事を忘れていて・・・・・・。

立ち上げた所・・・・・あーっ!相談が溜まってしまっていました!!!


マズイです。翌営業日には返信させて頂きますと唱っているのに滞留するとは・・・・・。

サイト立上の立場から言っても駄目駄目です。


大分反省し、メーラー設定を変更しました。

もう少しもお待たせする事なく、真摯に対応させて頂きます。


色々とご迷惑をお掛け致しました。申し訳ございませんでした。


後、相談ページが記述し辛い様でコメントが少ないケースが多く、最初のご回答が凄く抽象的に
なってしまっています。

とは言え、取っ掛かりで余り細かく記述して頂くのはハードルが上がってしまうし・・・・・。


もう少し、簡単で気楽に、しかし概要が良く判る様にサイトを改修したいと思います。

もう少しの間、ご不便をお掛け致しますが宜しくお願い致します。
システム導入支援(コンサルティング。業者選定などなど)を業務として担っています。

固いRFPは調査自体はおいておけば、作成するのは比較的容易なのですが、中小企業様が
全システム導入する事は少なく、普通のRFPまで達成出来ないのが実情です。


要望をそのままRFPに起こせば、提案書も敷居の高い、高額なものになりがちです。


当社は中小企業様の支援がメインなので、抑える所は抑えつつ、固くないレベルのRFPを作成しな
ければなりません。

じゃあベージを減らせば良いかという訳でもなく・・・・・。


中々難しいです。どうしても「あれも」「これも」になってしまいます。


最終的にはお客様のご要望が反映されつつ、お客様が理解出来るものにする。


中々難しいですね。どうしても専門用語(自分では専門用語と思っていない事自体がマズイ)が
チョコチョコ存在してしまいます。


来週にはサンプルとして提示しなければならないのに・・・・。

でも他の仕事も・・・・・・。


うーん・・・・・。言葉で「じゃあ良い感じで」と言うのは簡単だけど実際書類にすのは
一筋縄ではいかないものです。

今日も残業だあ・・・。
以前ご相談を受けた御客様の対応で頭が痛い状況が・・・。


元々、大手SI会社が提案しているパッケージがあり、まあまあ良い出来ではあるのですが
どうしても1社だけだと割高な傾向もあり、対抗馬を探していました。


価格・機能の面でほぼ同格と思えるパッケージを見つけ、詳細を調べると・・・・・。


活けていません・・・・・。今時VB(開発言語の一種です)で作られている・・・・・。

どうも見つけた会社はパッケージを数100種類保有しているので、どうしても「量」が多いものから
移植(古い言語から新しい言語に変える)しているらしく、肝心のソフトの移植予定はまだまだ・・・。
(予定すら無いみたいで・・・)

これだと競合製品として不十分なのです。

使い勝手さえ良ければまだマシなのですが・・・・まあ微妙で・・・・・・。


手ぶらでコンサルする訳にも往かず・・・・・・・。


うーん・・・・・。他を見ても中々微妙な製品が・・・・・・。

なんとか作戦を考えないと・・・・・・。
自社で保有していれば問題ないのですけどね・・・・・・。
シェアナレッジサービスでの相談例として


ある製造業の御客様から業者交渉&監視の話しがありました。

殆ど業者自体は決まっているのですが、最終的な提案内容や金額などが妥当か否かの判断が
依頼の主体です。


御客様は大体が業者のネームバリューだったり歴史や業界シェアを選定基準として選ばれる傾向が
強いのですが・・・・・。

シェアナレッジでも記述していますか、大手SI会社は自分の所では作業はせず、下請けに出す
のが一般的。今回も同様みたいです。


一概に悪い訳では無いのですが、会ってみて、提案内容の吟味をしなければなりません。

おかしな事に同じパッケージを持ってきても、御客様に本当にそれが良いのか?
違う商品の方が良いのでは無いか?

など考えてくれる業者は殆ど存在しません。(万が一、いたらそんな会社は潰れているだろうし)


今回面白いのは「SI+下請け」の組み合わせと以前対決した事があるのです。
(その時はコンサルではなく、私も提案側だったのですが)

その時は値段勝負が決定要因の8割だったので負けてしまったのですが・・・・・。

導入後の対応は笑ってしまう程、酷いものでした。


今回お話しを頂いた御客様は非常に良い御客様なので、そんな事にならない様に注意深く
アドバイスさせて頂こうと考えています。

次回は対戦です。どんな提案が飛び出してくるのか?

今から興味深々です。
良く寄せられる相談例として「SaasとASPの違いって何ですか」と言うのがあります。

「Saasはマルチテナント方式でASPがシングルテナント方式が最大の違いです。」

と言う回答が良くあります。余計判んなくなりましたね。正直、この業界に居る私達でも定義が?と
思う事が良くあります。

IT業界は良く用語を生み出します。ほぼ同じ内容なのに2つも3つも用語が存在します。
ヘタをすると同じ文字で読み方が違ったりするのも存在します。

利用者側視点で判り易く言ってしまえば、「ほぼ同じ」が正解だと思います。
利用する側から見れば、サーバ側(提供業者側のマシン環境群)などは見えないので、自分が
利用しているのが「マルチテナント」なのか「シングルテナント」なのかなんて判らないですから。


「マルチテナント」=マンションみたいに一つの建物(機械)に一杯利用者が居る。
「シングルテナント」=一軒家みたいに一つの建物(機械)に利用者も一人居る。

上記に見立てれば判り易いかも知れません。
Saas(マンションタイプ)であれば、費用は共有している部分などは皆で負担しますから安く済み
ます。でもマンションの規約などに縛られたり、勝手に部屋を改造したりは出来ませんよね。

ASP(一軒家)は、自由度は他の住人が居ないので大いにあります。
代わりに土地から何から費用が掛かりますので当然の如く、マンションより高めになります。


自社の自由度を落とせるなら「Saas」
自社の自由度を落とせないなら「ASP」

と考えるのが一番判り易いかも知れませんね。

でも最近は殆どASPなのにSaasと名乗っているサービスも多くなってきました。
上記の説明では納得が無くなってしまいます。


えーい!じゃあ本音です。

SaasASPも同じです。

ASPは過去失敗したので響が悪いから、Saasと改名したのです。


両方共、利用者側にはサーバ装置や機能は置かず、遠隔地の専門業者に任せて自分達は利用
したい事だけが出来る!

それがSaasやASPです。

これは話しだすとある意味きりがないのでこの辺で・・・。

中々難しいです。

| コメント(0) | トラックバック(0)
「シェアナレッジ」のサービスインから1ケ月以上、経過しました。

会社の知名度や検索順位の影響などもあって、中々相談で首が回らない事にはなりません。

先日も記載しましたが、やはり怪しげ感はぬぐえないのかなあと頭を悩ませています。
成功事例を記述すれば良いのかも知れませんが、まだ相談受付や助言レベルに留まっているので
架空の事を書く訳にもいかず・・・。


やはり宣伝とかが必要なのでしょうか?

とはいえ、宣伝するには費用が掛かります。

費用が掛かればどうしてもどこかにシワ寄せがいきます。
企業として運営しているので宣伝費を回収するには、有料相談にもっていくしか無くなってしまいます。

結果、有料相談が必要無いと思われる御客様にシワ寄せがいく事に・・・。

それではこのサービスを提供している意味が無くなってしまうので・・・。


出来ません。

やはり地道に草の根運動しか無いのだと悟る今日この頃です。

それとも本業(ソフトウェア企画・開発)でドォーンとデカイ山でも当てるか・・・。
いやいや・・・大体そんな案件は・・・火吹きプロジェクトになるし・・・。


そんなジレンマに悩む今日この頃です。

相談例 その2

| コメント(0) | トラックバック(0)
「システム導入無料相談室」

怪しげです。タダより怖いものはありません。

対価を得ているなら契約なりで責任所在がハッキリしますが、タダには責任も何もあったものでは
ありません。またタダで親身になってくれる個人は居ても会社ではあり得ません。
何か裏がなければタダは有り得ない。

と言う、お問い合わせを頂戴致しました。


正直言えば、もっともな疑問です。

なぜこんなサービスを始めたのか?
私はソフト業界に20年以上、身をおいてきました。
数々の成功と同時に数々の失敗を味わって、また見てきました。

「あの時、こうしていれば」
「これは失敗するしか道は無いな」

など様々な失敗です。中には話しを聞いた段階で失敗確実と言うプロジェクトも少なくありません。
なぜ防げなかったのか・・・。

そこには利害関係者として、発注元に強く言えない(言ったら感謝されるより批難される)立場が
あったからと言うのが一番の理由です。

発注元も大手ベンダーだったり、顧客だったりはありますが、発注元の機嫌を損ねるのは怖いもの
です。仕事があまっている訳では決して無いですから・・・。


双方の立場を経験した事がある私達が、利害関係無しでプロジェクトに助言し、また推進出来れば
失敗確率をかなり下げられます。

その事を継続すれば「口コミ」や「信頼」が生まれ、先々に相談が一杯くる事になります。
その中で強く依頼された場合に限って、初めて対価を頂戴するお仕事をさせて貰える日が来ます。


その日を夢見て、今は信用獲得を第一として活動しています。
その為に「怪しげなタダ」を実施しています。


このサービスはそんな先の長い希望があるので「無料」なのです。

何時でもお気軽に相談して下さいね。その為にメールアドレスぐらいしか聞かない様にしているのですから・・・・・。