2020年6月アーカイブ

今日で6月も終わります。世間では第一Qが終了し第二Qに明日から突入となります。

IT系での客先常駐開発は大体3ケ月単位で契約するのが通例になっています。

前回も書きましたが、コロナ旋風で第二Qはあちこちで体制縮小が横行しています(汗)

昔書いたのですがIT業界は不況突入しても半年ぐらいタイムラグがあったのです。

通例で言えば10月ぐらいから不況に突入するハズでしたが・・・今回は炸裂しています。

・PJ縮小

・新規PJ中止(再開未定)

・サービス停止

などなど・・・・。最近は顧客から「打ち合わせしたいのですが」と言われると「ビクッ」と

なります。

今のところ、そのパターンで良い話しだった事は一回も有りません!!!


選択肢が減っている中、仕事が全くない訳では無いのですが・・・・今有るのは例として

・週5日フル出勤、経験5年以上 1名
・5名チームで経験5年以上

など、経験の薄い若手が担える仕事は非常に少ないです。

あったとしてもヘタしたら給与より下?みたいな金額だったり・・・


コロナが収束したとしても在宅・リモートの流れはある程度推進されていくとみています。

その場合、既に技術者として「一人前」であれば問題無いのですが、「半人前」の若手は

ドンドン厳しくなっていくと思います。


相当に出来る若手でないと、仕事がありません。

異業種からの転換者などは今後辛い時代になるのでしょうね。


人材採用の方向性も今後に関しては未知数で、採用する側・入る側双方にとって

喜ばしい時代は終わったと感じています。


早く若手を一人前にしないと・・・・・ですね。
技術者が案件探しています」

2020年2月ぐらいまでは

要員募集数:技術者情報数 の比率は6:1 ぐらいでした。

5月ぐらいに2:1ぐらいで推移していたのですが、3ケ月単位契約が多いSES契約の影響か

6月の独自統計では1:1.5 と遂に逆転が始まりました(恐)


そんな状況も当然発注側も熟知しているので、契約単価も大幅減(レベルにもよるが▲10万)の

募集が散見される様になってきました。


そんな中、多数の経験少ない技術者を抱えている会社さんからは大規模セール的な謳い文句が

飛び出してきました(呆)・・・



・参画3ケ月間は半額20万円でご紹介(40万欲しいけどと言う事か)

・参画3ケ月は無料

・24h365日稼働出来ます!

もっと色々とあるのですが、中々(苦笑)だなぁと思ったのを抜粋しました。


半額だの無料お試しだの・・・技術者を何だと思っているんだろう・・・・・。

まあ社員50名ぐらいで40名アサイン決まって無いとなったら・・・うーん・・・止む無しなのか・・・


この景況感は少なく見積もって年末まで

実際は来年も悪い状況は続くだろうと思ったりしています。

こんな状況に陥らない様に頑張っていかなくてはと・・・肝に銘じます

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ