お客様の移り変わりに関して

| コメント(0) | トラックバック(0)
第11期が今週からスタートしましたが、年明けから少しお客様が変わる予定です。

4年程、お世話になっていたお客様から技術者が退場したりなどで、2件程一旦は取引が

無くなるお客様です。

流石に数年お世話になったので、その間にトラブルとか色々とあったのですが・・・

結構主力のお客様だったので、来年が少し怖いのが本音ではあります。


創業以来、ずっとお取引頂いているお客様もあれば、途中一旦途切れて再び復活するお客様、

またはご縁がなく復活しそうにないお客様など、様々です。


技術者は長く継続する仕事は・・・・・飽きてしまいがちみたいです。(全員では無いですが・・・)

営業的には、長く継続していた方が「人間関係」「仕事の流れ」「発言権」などが向上していくので

良い気はしているのですが・・・・・・そうも言い切れないみたいですね。

じゃあ適度なタイミング(1年とか)でローテーションを計れば?

と言う意見も出るのですが・・・・・そんな思惑とお客様のニーズが一致するケースって・・・

実は余り無いのです。

やっぱり仕事をするのは慣れた人の方が話しも早いし・・・技量も知っているし・・・など


で、ローテタイミングで・・・・・・揉めたり・・・・・とかで・・・・・・・中々うまくいかないです。


今回は・・・・・まあ若干微妙な・・・・・終わり方だったので・・・・・復活するかなぁ・・・・・


交代とかは難しいですね!

来年も定期的にでもお伺いしつつ、復活の道筋を少しずつ・・・・・作っていかなければ・・・と


頑張ります!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shareknowledge.jp/mt/mt-tb.cgi/437

コメントする

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31