2015年6月アーカイブ

決算が11月の当社では6月は下期スタートの月でした。

上期は社員旅行や事務所移転等のイベントがあって、収益は微妙だったので・・・

下期のスタートダッシュで収益上げるぞーっと意気込んでいたのですが・・・・・

なーんか、パッとしない所か「モヤモヤ」っとした1ケ月でした・・・。


受託の話しも出てくるのですが、落選する訳でも無く・・・受注する訳でも無く・・・進まない・・・。

凄く宙ぶらりんです。


でも現在は技術者不足の真っ只中・・・。

体制無い状態での受注は「自殺行為」なので・・・・・技術者を一定期間ホールドしています。

でも収益は生み出せない・・・と言うか単純にコストとして跳ね返ってくる。


駄目なら駄目・・・別に見積費用や提案費用寄越せなんていわないのに・・・


靄だけがずっとかかっていて・・・・・

対案も進めているけど・・・・・営業的にどうも歯切れが悪い・・・自分でもイライラしています。


もう受託は無くなったという前提で7月は活動するしか無いみたいですね。

まずは今期をキッチリと黒字で終える事が絶対命題ですから・・・・・。


梅雨らしく無い6月だったけど、気分的には十分「梅雨」でした・・・・・。


さあてと、来月から奮起だぁぁぁぁぁ!
最近、FAXなりDMなりでこんな文章やセミナー案内が良く来ます・・・。

「困った社員」への対処方法

内容は多少違いはあるものの、殆どが若手社員(新卒含む)への指導方法についての

ものです。

私も新卒時代は当時「新人類」だの「バブル世代」だの色々といわれていた気がしますので

一概には言えませんが・・・・・。


内容が「えっ、今更」とか「こんな事まで気にしなくてはならないの」だったり・・・で・・・。

例えば・・・・・

「怒られている時に腕組みや足組みしている若手には態度は責めてはいけません」

「仕事を指示する時もお客様が困ってるから皆で頑張ろうよ」

「報告無しでミスを処理しようとしている社員にはフォローするからねと声がけ」

「チェック出来ていない社員には優しく指導する」

とか・・・・・。


確かに一理有ると言えばねあるのかも知れないのですが・・・・・

果たして私に出来るのでしょうか?

ここまで気にして会話するとなると・・・・・おしゃべりな私は多分・・・無口になりそう・・・・・

と言うか胃潰瘍にでもなりそう・・・・・。


うーん・・・知識として頭に入れておく必要は確かにある・・・・・全部実行すると・・・こちらが倒れる。


少しずつ・・・・・少しずつ・・・・・1ミリ単位でも良いから習得していかなければ・・・ですかねぇ。

でも若手からすれば「当然」と思われているんだろうなぁ・・・・・。


結構大変です。
先日、企業の業績等をリサーチしている会社さんと話しました。
(まあ有名所が幾つかありますよね)

もう10年近く、経営者(っぽい)をしているので、企業運営をしていくにはお金(資本・その他)が

とにかく掛かると言う事は肌で実感していたのですが・・・。

今取引している会社や今後狙っている会社の業績をチラッと教えて貰ったのですが・・・。

「えっ?」

でした。

赤字とか言うレベルでは無く、既に債務超過突入してる・・・・・。

そもそも企業として収益無いじゃん・・・・・。


でも担当曰く・・・「大丈夫そうですね」と・・・・・。

まあ親会社など様々な要素でその評価になるのですが・・・・・。

担当に聞いてみました。(結果わかってるけど)

うちがこんな数字だったらどうですかね?

「倒産寸前と言うか駄目でしょうね」っと・・・・・


どこにも属さず、自力で運営していく・・・・・のは本音と言うか希望でもあります。

が、どこかのタイミングでチャンスがある場合は・・・・・必要なのかも知れませんね。

自力で資金をためる・・・・・聞こえは良いのですが・・・果たして何年?いや何十年か?


会社の将来像(夢)をもう一度、考えていかないと・・・と改めて思い直しました・・・。


でも・・・・・あんな業績で平気で居られる人って・・・・・不思議です・・・・・。

まあどっかからお金が沸いて出てくるんだろうなぁ・・・・・。


そんな秘訣も努力して少しは勉強してみなければ・・・・・


これからは営業もですが・・・・・社長業とやらを少しは真面目に勉強します・・・です・・・はい

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31