会社設立のタイミングなど

| コメント(0) | トラックバック(0)
たまに会社設立するなどの話題が出る事があります。

あっ!大手さんの話しでは無く、まだまだ弱小系の話しですがね。

集まる人も様々です。

・会社運営を自分でしたい人

・このままでは夢が無いからやりたい人

・今の会社に不満がある人

・尊敬している人が独立するので付いていく人

・収入があがりそうなので付いていく人

・誘われて何となく楽しそうに感じた人

などなど、人によって様々な思惑があって集まり会社が設立されます。


自分を振り返ると、結構意気地が無かった気がします。

・仕事は取れると思う(根拠無し、営業力的に活けると言う気がしていた)

・殆どお金無し(一文無しと言う訳では無いけど、結構ギリ)

・本当に人を雇用して養っていけるのだろうか?

・自分の収入は確保出来るのだろうか?

など、まあ当たり前の事を頭の中でグルグルまわして悩んでいました。

まあどちらかと言えば、当社は環境的に恵まれていたので何とか会社は続けていけています。

でも会社設立して10年後には10%の会社しか残っていないと言う現実もあります。

5年で30%です。

当時はそんなこと意識していないと言うか知らなかった(無知は強い)ので出来ましたが・・・。


今思うと、一番大事なのは参加者(経営も社員も)が目標に向けて頑張ると言う決意です。

次に大事なのは(いえ、本当は一番大事なのかも知れない)、お金です。

人を雇用する。やりたい事をやるなど、すべてはお金に余裕が無いとはじまりません。

まあ参加者が全員、「成功するまで給与要りません」と言ってくれればよいのですが・・・・。

そんな訳無いでしょう!


私はキャピタルなどを利用しないで少しずつ稼いでいくを選択したのですが、そうゆうものを

利用してジャンプを目指すのも良いかも知れません。


少しずつ稼いで、溜まったら勝負に出る!

一見もっともですが、一つ忘れている事があります。


「誰でも年を取るのです」

そうです。私も40台後半です。昔の無鉄砲さが減少しています。

お金溜まっても、まだその根性が残っているのか???

今はまだ残っているつもりですが・・・・・・残り時間は少ないですね。


最短目指して頑張ります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shareknowledge.jp/mt/mt-tb.cgi/279

コメントする