2011年7月アーカイブ

現在、中規模の開発を実施しています。

客先等で既に噴火(遅延その他で火の車になっている事)している案件のスイーパーとして

参加し、鎮火させる事は結構得意だったのですが・・・・・。

今回は自分達で火つけしてしまいました。


とは言え、まだ「焦げ臭い」程度ではありますが、自分の管理下で起こってしまった事がとても

残念です。

任命したのも自分ですから私が一番悪いのですが・・・・・。


人に任せたからではいけないんですね。

最低でも週時レベルで進捗やら課題やらを報告させるべきでした。


人によって、危機感の個人差があります。

PGによって進捗率の捉え方が違います。


それらを加味して、進捗管理だののプロジェクト管理が成立するのですが・・・・・


他社様の事に色々と注文をつけていたのが恥ずかしいです。


まだ時間的余裕があるのが幸いですが、ここから気を引き締めて掛らなければなりません!


まだまだ現役で仕事しなければ・・・・・・はぁ
今年、持ち帰り開発を継続しています。

規模的にもチョイと大変な規模ではありますが、自社で出来るので願ったり叶ったりでした。

しかし・・・・・一括請負には付き物の・・・・・・進捗遅れが・・・・・・出てしまいました。


お客様にも現実の状況をご説明し、リスケをしなくても済む対応策をご説明し、取り敢えずは

今のスケジュールで進める事になっています。


でも一度遅れたPJってヤツは中々元には戻りません。(判ってはいるのですが・・・)

スケジュールが遅れる原因は様々です。

仕様が揺れたり、スキルが足りなかったり、時間的に無かったり・・・・・。


では今回はと言うと・・・・・

1.仕様決定は遅れたけど製造にそれ程影響は出ていない

2.工数が増加した? まあしました。要望が増えたので画面なり帳票は増加しました。
  でもここまでスケジュールに影響を及ぼす程ではやはり無い。

3.スキル不足?半分のメンバーにとっては今回採用した言語は「お初」でした。
  またその言語がまあ未完成版と言うかいい加減と言うか酷いもので、確かに影響は一番出た
  と思います。

 様々な原因はあるものの・・・・・。一番の原因は「意識の甘さ」にあったと思います。

 「対した遅れでは無い」

 「仕様が増えたんだからしょうが無い」

 など理由を付けて、遅れを肯定して作業していた様に思えます。

 じゃあどうしたらよいか!では無く、無理だよ!が先行した結果が今です。

 時間的には数カ月あるので、何とか挽回すべく努力していくしかないのですが、その様な意識を

変えていく事も今回の仕事で培っていかなければなりません。


失敗を成功の糧にすべく、暑い季節を乗り切らなければ!!!