アサインの難しさ・・・。

| コメント(0) | トラックバック(0)
来月辺りから、仕事が一段落してきます。

ソフト開発業界(当社もそうです)は、商品を売るにしても技術を売るにしても「人=社員」が

原動力です。

同時に仕事が無くてもコストが発生します。


ソフト開発業界の原価率の8割以上は人件費なのです。


そういう理由で、仕事が一段落しても次の仕事を探さなければなりません。

なるだけ条件が良い事が望ましいのですが、極端に言うとどれだけ「空き期間」を作らない様に

するかが収益の柱になります。(以下参考例として)

A.単価90万円で11ケ月勤務したけど1ケ月は空いてしまった。
B.単価85万円で12ケ月勤務した。

Aは(90*11)/12  で月平均の金額が82.5万円となります。

反面Bは単価自体は5万円安いのですが平均単価ではA.を上回ります。


条件が悪いからと言って遣り過して、次が無い場合は丸々コストだけが掛る事になります。


会社を運営していくには、心情としては「為になる仕事」だったり「技術的に面白い」などを

出来るだけ調整してあげたい思いはありますが、企業としては収益を上げる事を考えなければ

なりません。

結果的に収益が出なければ昇給も出来ないし、最悪は倒産も有り得ます。



その辺りの調整が中々難しいです。

特に仕事の谷間は難しいです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shareknowledge.jp/mt/mt-tb.cgi/168

コメントする