次期サービス開発・・・・・中々大変!

| コメント(0) | トラックバック(0)
次期サービスの開発を進めています。

1つ目のサービスは本ブログの本体でもある「無料相談室ShareKnowlege」ですが、次期サービスは

中小企業向けの勤怠システムを構築しています。

複数事業所だったり直行や直帰が多かったり、臨時店舗があったりと勤怠管理をする場合は

結構集計が大変です。

タイムカードを設置するのも微妙な場合もあったりで・・・。


まあサービスとしてはIDカード系や携帯電話のサービスも世には出ているのですが・・・。


結構お金掛る場合が多いのです。

従業員が50名以上居れば、採算も取れそうなのですが、例えば10名でも50名分の費用を

払う必要があったりで中々導入障壁は高くて・・・機能が多過ぎるのも難点だし・・・。


もう少し少人数でも利用し易く、安価なものを提供出来れば・・・・と考え・・・・今回に至りました。


ただ先行サービスが高くなるには理由もあるのです。

大体がインターネットで接続するのですが、サービス用にサーバや回線などを用意しなければ

なりません。当然サービス提供側が支払う事になるのですが・・・これがやっぱりそこそこの金額が

掛るのです。


元手が(そもそもソフトを作る時にもコスト掛っているし)掛っているので当然企業としては回収を

しなければなりません。その為にどうしても利用側負担が高くなってしまうのです。


当社のコンセプトは中小企業が利用し易い環境と言う事で

クラウド環境を利用してサービスを提供しようとしています。

お客様は携帯とPCだけあればOKで初期費用とかも極力不要なものにしようと考えています。



現在は開発も佳境に入っているのですが、やはり携帯電話・・・・・中々やってくれます。


機種毎に動作も違うので、四苦八苦です。まあ前回の経験もあるのでそれなりには作成は進んで

いますが・・・・・。


今月にはプロトタイプは出せそうです。まずは社内で使用しながら障害潰しと言う所で・・・・・。



サービスが出来る様になったらお気軽に利用して頂ければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shareknowledge.jp/mt/mt-tb.cgi/166

コメントする