2010年5月アーカイブ

仕事の話しが増えてきました。2年前に戻ったかと言えばウソになりますが、昨年と比較すると

全然増加しています。

4月は話しがあっても、予算が知りたいレベルなど実現性が怪しい提案もあったのですが5月に

入ると大分現実身がある話題が増えています。


最近は提案して提案して提案する毎日です。

全部受注になったらどうしよう・・・・・。


大丈夫です。競合数も半端ではありません。

まだ仕事を持っている会社さんと持っていない会社さんの差が多いので、持っていない会社さんと

当たると、完全な消耗戦になっていますから・・・・。


昨日も10名体制で月450万円の提案(SEとPG半々で)を見てしまいました。

単純に一人45万円!経費等考えると・・・・・真似出来ません・・・・。

地方はもっと悲惨らしい九州辺りでは一人30万円で十分対応できるとか?????

ここは日本か?と疑いたくなります。


いまなら、人手が不足していても、集めるのは簡単です。

当社も受注するだけして人集めと言う方法も無くは無いのですが・・・・・やっぱりイヤです。


仕事を実際にするメンバーのスキルを把握しているので自信を持って受注活動が出来るのです。

どんな人かも判らないのに受注を先にするなんて怖くて怖くて・・・・・・。


まあそんな事している会社さんから順番に信頼を失っていくのです。



早く、そんな会社達が失敗して業界から退場してくれればもう少しシステム開発のイメージも

良くなるのになあ・・・・。


今は3Kどころか5Kですから・・・・・・。
趣味のゴルフ話題です。(興味無い方は読み飛ばして下さいね)


と言ってもラウンド関係では無いのですが・・・。

3年ぐらい前からヘッドスピード測定器を利用して練習していました。

毎年2m/sぐらい低下していたのですが・・・3月ぐらいに壊れてしまっていたので測定する機会も

無くラウンドしていました。


いつも行くコースで引っ掛からないハズのバンカーなどに入り始めて、アレッと思っていたのですが


先日、新型の測定器を購入しました。

ドレドレと練習場に・・・・・・。


ガーンッ!!!!!

5m/sぐらい落ちている・・・・・・・。ドライバーの飛距離に換算すると20?30yは落ちている

計算になります。。。。


そうです、体力が低下していたのです。気にしていなかったバンカーにひっかかるのもスコアが

落ちているのも・・・・・・・納得です。


飛距離がすべてではないのですが、飛ばなくなるのは寂しいです。


まだ40代前半(ガケップチですが)です。


ここで老け込んでいたら、残り40年ぐらいの余生も洒落になりません。



まずは体力を少しでも戻さなくては・・・・・。


最近お客様の所に行くと、知り合いの会社も来ているケースが多くなりました。

まだ鉢合わせはしていませんが、時間の問題って感じ・・・・・。


行き先が似ちゃうのはしょうが無いのですが、鉢合わせだけは避けたい所です。

でも仕事の話しになっているのがすべてかぶり始めているので夏本番前には会っちゃうんだろうなあ!


にこやかに挨拶出来れば良いけど・・・・・。


どうも無い事無い事言ってくれているみたいなので皮肉に一つでも言っちゃいそうで・・・・・。


ここは経営者としてグッと我慢して明るく挨拶しなくては・・・・・。


そこで怒っちゃったら、どこかの経営者と一緒になっちゃいます!!!


出来れば一生会いたくないので・・・・・お祈りです。
ソフト開発の仕事をしていると「請負」「派遣」両方に共通する事があります。

それは顧客(ベンダー様やユーザー様)と当社社員の相性を合わせるのは難しいと言う事です。

簡単な例で言えば「派遣」が判り易いのですが・・・。

同じベンダーさんでも、そのベンダーさんのお客様によって希望される人物像が大きく違うのです。

「我武者羅に突っ走る人が欲しい」

「従順な人が欲しい」

「器用な人が欲しい」

「協調性のある人が欲しい」

「技術力が卓越した人が欲しい」

など、大まかなリクエストは最初にあるのですが・・・・。いざ会ってみると・・・


「チョット強烈が方なので今回は・・・」とか「もう少し遠慮がちな人が良かった」とか・・・。


開発のPJは一つとして同じものがありません。

期間だったり、技術だったり、規模だったり、参画している人だったり・・・・etsです。


特に面接は「お見合い」的な色彩が強いので第一印象で決まっちゃったりします。


当然、契約価格もそんな雰囲気できまります。


物販と違って、皆違うので価値観もバーラバラ!!!



お試し期間とか設けてくれれば、祖語も少なくなるのですがねぇ・・・。


まあ中々難しいのだろうから、今日もアクセク働くしかないかな・・・・。
まだ10数名の我が社!

まあ大不況の嵐が長かったので大量社員が居る会社よりはダメージは少なかったですが・・・。


ここにきて、案件が出てきているのですが、要望に対する人員が足りない・・・。

しかも、プロパー以外は駄目と言うコンプライアンス前提などがあって、案件あっても着手にならず・・・。

と言う状況になっています。


じゃあ採用すれば!!!

中々・・・。採用するなら事務所は狭いので移転して・・・。仕事がこの先恒久的にある保証も無い。


なにより採用は結構大変・・・・・。何時間話しをした所で本質まで判るのは所詮難しい・・・。


とは言え、今はドンドン受注してチョイと社員には忙しい思いをさせてしまうかも知れませんが

頑張って盛りたてていきたいと思います。


うううっ!でも後2名ぐらい居たらなあ・・・。
ご相談のお客様から・・・。

現在、原価管理と販売管理系のシステムを入れているが、詳しい社員もいない状態で使用中。

導入してから早5年以上経過していて、ハード故障がボチボチ散見される様になっているとの事。


ベンダーから入替提案があったのだが、クラウドシステムで提案があったみたいです。

今後、自社内で事情が無い限りサーバを持つ必要性は感じないのでクラウドの提案自体は

良いと思うのですが・・・・・。中身が?????


現在使用中のソフトは既に無くなっているみたいで、まったく違うソフトの提案だったみたいです。

無いものはしょうが無い部分もあるのですが、現在の使用状況や不満、改善などをヒアリングして

提案するのが普通なのですが・・・・・。


提案は、「当社で扱っているソフトはこれなので、入替ましょう!安くなりますし・・・・」

「サーバもソフトもすべて外部ですからアウトソーシングでコスト低減出来ますよ」

みたいな提案だった様です。そもそも言ってる事がオカシイし・・・アウトソーシングの意味判って

んのかなあ???

詳細を聞く前に他ベンダーを呼ぶ様にご意見させて頂きました。



ハードは百歩譲ったとしてもソフトの中身は重要です。

それすら気にしないで提案してくるベンダーは頭がおかしいです。


そんな誠意の無い所と交渉するだけ無駄です。


これからも最善のシステム導入が出来る様にサポートさせて頂きます。


あーっ、社名を言いたい!!!
新サービスをテストしていますが、仕事は仕事(新サービスも仕事なんですが対価を貰う仕事では

無い為にどうしてもプライオリティが落ちちゃう)でも対価を頂く仕事が優先となってしまう為に

中々進捗が芳しくありません。


じゃあ中途半端でリリースして良い訳でも無く・・・・・。

このままだと6月リリースすら怪しい感じ・・・・・。


でも費用掛けて開発しているので1日でも早く日の目を見せたいものです。



あーっ、2・3日でサクッと出来ないかなあ・・・・・。(まあ無理なんだけど・・・)


おおっと、今日は帰社日だ・・・・・。皆元気かなあ・・・。
複数の仕事を当たっていますが、どうやら来週に結論が出るのが多い感じになってきました。

夏に向けての勝負はどうやら来週が肝の様です。


まずは受注して・・・・・。そしたら今度は資金繰り活動です。


客先作業案件より持ち帰り開発系が多いので、受注したらしたで、金策が大変です。

何せ人件費は毎月キッチリ出ていくけど入金は最後にまとめて・・・ですから・・・。

しかも品質が悪かったりすると請求もズレるので入金もズレる・・・・・。


簡単に言えば商品を仕入れたけど・・・・売れるまで時間が掛るみたいなものです。


建設業みたいに「着手金」「中間金」「最終金」みたいな風習でもあれば助かるのですが・・・・。


まあ受注が先!ですから取れたら後は私の仕事!!


頑張ります!
先月の事ですが、複数競合案件で負けました。

結果的に「オフシェア開発会社」に負けたですが・・・。

まあお客様自体が今後中国進出も視野に入っていたのでオフシェア開発のメリット(中国語対応など
が容易)も決め手にはなったみたいなのですが・・・。

やはり価格面も大きかった様です。


当社より大きい企業から出てくる見積が当社より安い・・・・・。

理由を「生産性」だとか「再利用性」などで語る事も出来るのですが、生産性で劣っているとは

どうしても考えつかず、結果的には「赤字でも何も無いよりはあった方がマシ戦法」に負けて

しまった事も大きい様です。


少数精鋭で運営しているので余り安売りしたく無いのですが、大所帯の場合は「空き」が一番

怖いので、空くぐらいなら受注すると言う戦略も確かに必要です。


当社としても他社に競合負けしない様に「技術面」だけで無く、「価格面」でも対抗できる様に

改善しなければなりません。


競合負けは理由はどうあれ、気持ちの良いものではないですから・・・・・。



暫くは儲からない仕事が続きそうです。
来月辺りから、仕事が一段落してきます。

ソフト開発業界(当社もそうです)は、商品を売るにしても技術を売るにしても「人=社員」が

原動力です。

同時に仕事が無くてもコストが発生します。


ソフト開発業界の原価率の8割以上は人件費なのです。


そういう理由で、仕事が一段落しても次の仕事を探さなければなりません。

なるだけ条件が良い事が望ましいのですが、極端に言うとどれだけ「空き期間」を作らない様に

するかが収益の柱になります。(以下参考例として)

A.単価90万円で11ケ月勤務したけど1ケ月は空いてしまった。
B.単価85万円で12ケ月勤務した。

Aは(90*11)/12  で月平均の金額が82.5万円となります。

反面Bは単価自体は5万円安いのですが平均単価ではA.を上回ります。


条件が悪いからと言って遣り過して、次が無い場合は丸々コストだけが掛る事になります。


会社を運営していくには、心情としては「為になる仕事」だったり「技術的に面白い」などを

出来るだけ調整してあげたい思いはありますが、企業としては収益を上げる事を考えなければ

なりません。

結果的に収益が出なければ昇給も出来ないし、最悪は倒産も有り得ます。



その辺りの調整が中々難しいです。

特に仕事の谷間は難しいです
今年もGWが終わりました。(まあ今日まで休んでいる人も居るハズだからまだ終わっていないのか?)

残念ながら当社社員の内、2名はGWが無い状態となってしまいました。

2名共、土日こそは休めたみたいですが、休日(4/29,5/3,5/4,5.5)は普通通りの勤務となって・・・。


1日の勤務時間も軽く日付変更線を越える日ばかり・・・・・。


まだ20代であれば(せめて30前半)体力も持つかも知れませんが、二人共40代・・・・・。

二人共、家庭も持っているので本当に申し訳無い気持ちでいっぱいです。


開発と言う仕事の性質上、どうしても勤務が過剰になる時期はあります。

計画が間違っていた・・・。品質が悪かった・・・・。お客の要望がコロコロ代わる・・・などなど。


火を噴く仕事は後を絶ちません。


でも今回の二人の仕事は正直、最初から「ヤバイ」状態でした。

本来なら避ける必要があったのですが、仕事の絶対量が少なかった時期でもあり、苦労を承知で

勤務して貰った結果です。


最近、少しずつではありますが仕事の話しが出てくる様になりました。

まだまだ潤沢では無いのですが、一つでも多く仕事を見付け、選択権を与えられる様に

しなければなりません。


今月が正念場です。頑張ります。


P・S でも相変わらず・・・・・安いんですよ!まったく・・・・・・。どうにかしてくれ。
    一部では100名以上の会社さんの一括請負単価が55万円とか・・・・・。
    勘弁して下さいな。そんな単価じゃあ給与も払えないワサ!
次期サービスの開発を進めています。

1つ目のサービスは本ブログの本体でもある「無料相談室ShareKnowlege」ですが、次期サービスは

中小企業向けの勤怠システムを構築しています。

複数事業所だったり直行や直帰が多かったり、臨時店舗があったりと勤怠管理をする場合は

結構集計が大変です。

タイムカードを設置するのも微妙な場合もあったりで・・・。


まあサービスとしてはIDカード系や携帯電話のサービスも世には出ているのですが・・・。


結構お金掛る場合が多いのです。

従業員が50名以上居れば、採算も取れそうなのですが、例えば10名でも50名分の費用を

払う必要があったりで中々導入障壁は高くて・・・機能が多過ぎるのも難点だし・・・。


もう少し少人数でも利用し易く、安価なものを提供出来れば・・・・と考え・・・・今回に至りました。


ただ先行サービスが高くなるには理由もあるのです。

大体がインターネットで接続するのですが、サービス用にサーバや回線などを用意しなければ

なりません。当然サービス提供側が支払う事になるのですが・・・これがやっぱりそこそこの金額が

掛るのです。


元手が(そもそもソフトを作る時にもコスト掛っているし)掛っているので当然企業としては回収を

しなければなりません。その為にどうしても利用側負担が高くなってしまうのです。


当社のコンセプトは中小企業が利用し易い環境と言う事で

クラウド環境を利用してサービスを提供しようとしています。

お客様は携帯とPCだけあればOKで初期費用とかも極力不要なものにしようと考えています。



現在は開発も佳境に入っているのですが、やはり携帯電話・・・・・中々やってくれます。


機種毎に動作も違うので、四苦八苦です。まあ前回の経験もあるのでそれなりには作成は進んで

いますが・・・・・。


今月にはプロトタイプは出せそうです。まずは社内で使用しながら障害潰しと言う所で・・・・・。



サービスが出来る様になったらお気軽に利用して頂ければ幸いです。