2009年9月アーカイブ

ここ1ケ月余り、中途採用活動をしています。

まだ所帯は小さい会社ですが、買い手市場なのか応募数が軽く100を超えました。
皆さん、色々と大変なのだなあと実感します。
(まあ当社も全然楽では無いですけどね)

100名居れば100通りの職務経歴書があります。
本来であれば100名応募があれば100名の方々に会って判断するのが一番だとは思うのですが
時間的余裕が無いのでどうしても書類選考で1割程度に絞ってからの面接になります。


私は営業は20年以上していますし、採用責任者などもした事はあるのですが、1・2時間程度で
その方の良し悪しまでは判別出来る力は無いんだなあと痛感しています。

一人一人の魅力だったり、今までの経験だったり・・・。
でもその内容はどこまで本当なのだろう?

そこまで出来るのに何で前の会社を辞めたのだろう?

家族も居るのに???


そんな疑問が一杯湧いてしまいます。

また応募された方も同じ様な気持ちなのだろうなあと最近考えます。

会社の内容説明を受ける・・。凄く良さそうな会社だ・・・。

でも以前の会社も入社前には良い会社っぽく見えたし・・・。などなど・・・。


結局最後は双方の直感(この人なら&この会社なら)で決めるしか無いのでしょうね・・・。


まだまだ所帯が小さいので、社内の雰囲気に溶け込め、雰囲気を向上させてくれる人材を
採用したいなあと痛感しています。


これからどんな人が入社して会社の色が構成されていくのか・・・。不安ですが楽しみです。
昨日の続きです。

業務改善するのを前提としてコンサルだったりSierと話しをしたのに「オーダー提案」だったら???


1.本当にパッケージでは業務改善しても難しいケース。
2.パッケージだと安過ぎて予算消化出来ないケース。
3.取扱の無いパッケージしか該当しないケース。

の3つの原因が考えられます。


でもこの3つを御客様が判別するのは結構大変です。1.も比較対象のパッケージが無いと判らないですし、2や3の場合、知らなければどうしようも無いのですから・・・。

ましてや御客様が業務の最中に色々なパッケージを調べる。
→結果、調べたパッケージ制作元がドンドン電話と来社してくる・・・。


うーん・・・。考えただけでも頭がパンクしそうです。

結果、人の良さそう会社に決める・・・なんてパターンもまた多かったりします。


じゃあ・・・。


パッケージ製品とも開発会社とも利害関係の無いコンサルタント会社に選定を依頼するのが一番確実です。
但し、あくまで選定までですよ!

開発も請負ますよ!と言われたら・・・・・。すべてが駄目では無いですが・・・・・。

まあ危険度が飛躍的に上がる事だけは確実です。


貴方の会社のやりたい事全部を叶えるパッケージなんて有りません。
でも一部もしくは半分以上は叶えられるパッケージはあります。

叶えられない部分はまた別のパッケージが出来るかも知れません。


そんな組み合わせを考えてくれる会社を選んで、パッケージ製品も試してみては如何ですか?


ある意味では技術の先端をいっている事になりますよ!
日本では業務システムのパッケージ使用率は16.9%(平成19年)であり、同年度のアメリカ(65.1%)と比較すると著しく低いデータとなっています。

なぜこんなに違いが出るのでしょう?

日本とアメリカでは商慣習が違うから???
勿論違いはあります。
でも同じ商いをしていてそんなに違うのでしょうか?

この違いについては私は2つの大きな要素があると考えています。

1つは日本では手作業をそのままシステムに踏襲しようとしているから・・・。

もう1つはコンサルティングする側も差別化としてその様に提案するから・・・。

色々な御客様とお話しさせて頂くと、ほぼ決まり文句の様に

「うちは特殊だからねぇ」

と言われます。確かに一部分は他社では余り見られない処理方法があるケースを見かけます。
それは手作業ならではの効率化の結果、そうなったのであって元々は特殊では無かったケースが
往々にしてあります。

ここでコンサルタントやSierと呼ばれるプロ達は悩みます。

仕事を受注するにはどうしたら良いか?
本当は御客様が特殊と呼んでいる部分は、容易に改善出来そうである。

但し、その事を指摘すると心象を悪くして受注出来ないかも知れない・・・。
会社からの予算割り当てもあるから出来るだけ高額な受注が欲しい・・・。

本当に御客様の事を考えるならパッケージで良いと思うけど、予算も達成したいし受注もしたい・・。

結果!オーダーソフトの提案となり、御客様もなぜか満足して高額な契約を締結します。


全部のシステム化がパッケージで出来るとは言いません。
でも大半はパッケージで十分だとも思っています。

コンサルやSierが悪いのでもありませんし、御客様が悪いのでもありません。
御客様が知らな過ぎるのです。また知らない御客様にコンサルもSierも言えな過ぎなのです。

システム化すると言うのは業務を変化させる事です。
当然、今までの流れを見直して再構築するのです。


発注する側の御客様は再度、その意識を持ってコンサルタントやSierに依頼すれば出てくる提案は
結構パッケージだったりするかも知れません。

一度試してみて下さい。

それでもオーダー提案だったら???


それは次回にお話しします。


私の娯楽・・・。

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は私の娯楽について書いてみたいと思います。

30台までの娯楽は
空手(18才から実践空手)       →あり得ない打撲&骨折の数々により断念!

バスケット(中学からやってた)    →30秒程でカラータイマーが点滅する体になり継続すると
                        「あの世」が見えてしまう為、断念!

ドライブ
(屋根が開くタイプが大好き) →何時の間にやら4ドアゆったり系になってしまい山道を
                        走ると車酔いする為、断念!

ってな具合にドンドンとオッサン傾向になってしまっています。

結局は30台半ばで始めた「ゴルフ」が唯一の趣味となってしまいました。

しかし会社にはゴルフをやる社員は居らず、中々寂しい状態なのです。(最近会社帰りに打ちっぱなしに社員を連れていく様にはなりましたが、気分はバッティングセンターなのでコースを一緒に回る日が来る事は・・・遠い未来か・・・。

じゃあ競技ゴルフだ!

と意気込んだもののパブ選は中高大学生のお披露目会と化しているので脚光を浴びる事も無く・・・。
ミッドアマだと挑むも決勝に行ける人は1年の内ラウンド回数が150回だの200回だの人達ばかり。

皆何時仕事しているんだろう???会員権の話しになったりして話しが今一ついていけない・・・。

負けて無いのは「日焼け」ぐらいか・・・。

会社の連中が私以外に共通している趣味は「釣り」!

うーん・・・。釣りでも始めるか・・・。でもゴカイとかは苦手だし・・・。


結局、私の娯楽は家に居る可愛いネコと戯れているのが一番か・・・。
PA0_0020.jpg

パチンコが出た時かな。(とは言え連戦連敗だけど)


不景気で設備投資が冷え込んでいます。こんな時は大部分の企業がシステム構築を控えています。
途中まで進行していた案件が中止だったり、決定予定日を3ケ月超過していたりといった話しは本当に多い状況です。

それに対して開発会社は人があぶれている為に投げ売り状態になっていて相場自体がグチャグチャになっています。

ここで資金繰りがままならない企業様はどうしようも無いのですが、手元資金が若干あり、近い内(1-2年以内)にシステム構築が必要な企業様であれば今が依頼するには一番良い時期だと言う事は余り知られていません。


理由としては
「優秀な技術者が結構な数あまっている」
「相場が崩れているので格安で出来る」
だからです。ほんの2年前まではとにかく技術者の数が不足していた為ににわか技術者が大量に市場を席巻していました。おまけに人手不足なので相場は高かったのです。

高いわ技術レベルは低いわの状態だった為に正直言えばろくなシステムが構築されずに企業様は随分と大変な思いをしていました。

それが今では優秀な技術者を集められておまけに相場は安いのです。安かろう悪かろうでは無く、安かろう良かろうなので景気が回復する前が一番お買い得と言う訳です。

仮に2年前に見積が2,000万円だと仮定すると、今見積をして貰えば1,200-1,600万円程度で構築出来る事になります。でも1年待つと1,800-2,000万円になってしまうかも知れません。

システムを検討している企業様!どうせ構築するのであれば、ある意味一番良い時期かも知れませんよ!検討してみるのも一考ですよ!
シェアナレッジ(システム導入無料相談室)のサービスを開始して約1ケ月が経過しました。

ShareKnowledge1.jpg

まだまだ知名度が低いので相談多数で首が回らない状況では無いので今までお問い合わせを頂いた概要だったり、中小企業ならではの景況感などの健忘録的なプログにしたいなあと思っています。

また些細な事や楽しい事、趣味なども気が向いた時に記録しておこうかと・・・。

最初なので運営している当社(シェアクレスト)の状況などを簡単に!

JR錦糸町駅から歩いて2・3分のビルの一室が事務所になります。
まだ社員も少ないので呑み屋が多く駅近がいいなあと思って事務所を構えました。

まあ昼や夜に店を探すのは楽です。敷いて言えば風俗関係も同様に多いので一人で夜歩いていると呼び込みのあしらいが大変なのはネックかも?です。


御客様に会社紹介をすると必ずと言って良い程、「随分チャレンジャーな場所に居ますね」と言われてしまいます。

皆さん、一度は繁華街をうろついた事が有るんですね・・・。

またこのビルは入居した時は普通の会社さんが多かったのですが、何時のまにやら「エステビル」みたいになっています。
「エクステンション」
「リラクゼーション」
「ネイルサロン」
「まつげエクステ」
「ヘアーアンドエステ」
などが入居しているので、ビルの最上階から3Fまで降りれば女性の望みがすべて完了といったビルになっています。

なので入居時はエレベーターでは男性が多かったのですが最近はキレイな女性が多く見られます。
最近、服装や髪型に若干ですが気を使う様になったのは良い事かなあと・・・。

そんなビルの一室なのですが、当社は男ばかりが闊歩しています。

まあ私が女性に厳しい事を言えない体質なのでどうしても男ばかりになってしまっているのかも知れません。

これからは少し女性も入社して貰える様にしていかねば・・・。

現在は不況ど真ん中!新聞&ニュースでは底打ちと言っていますが、どこが??????

同業ではリストラが蔓延しています。最近は10名単位のリストラ話しでは驚かなくなってしまいました。

でも経営者はリストラ以外で立て直す努力をして欲しいですね。
経営者ってどうしても経営者同士で話す機会が多くなるので罪悪感が無くなっていくのが多いと思います。

あそこもリストラ、こちらもリストラの話しばかり聞いていると罪悪感も無くなるのだろうなあ・・。

まだまだ私は現場主義なのでそんな事に頭を使わないで、仕事を創造する事に頭を使っていく様にしていこうと考えています。

御挨拶まで!